【素敵なおじさま図鑑】

お気に入りおじさまを紹介、エッセイ散歩、素人写真、小説

【素敵なおじさま図鑑】火野正平

素敵なおじさまが好きである、と豪語している私。
今回は昭和のスーパープレーボーイ火野正平さんを紹介します。

火野正平さんの略歴』

略歴は軽く。
生まれは1949年5月30日現在74歳ですね、若い。
12歳の頃から『劇団こまどり』に所属ですので、ずっと俳優さんなんですね。
代表作は
・テレ朝日 ドラマ土曜ワイド劇場ドラマシリーズ 「混浴露天風呂連続殺人事件」(エロ要素あり)
NHK「にっぽん縦断 こころ旅」自転車で全国を旅するという番組
などです。
他、素晴らしい作品がありますが、私が見たことがあるこの二作品でお願いします。
混浴露天風呂連続殺人事件はエロ要素ありますし、にっぽん縦断 こころ旅は本当にいい番組で、きれいな景色、音楽、火野さんの人柄に触れることが出来る本当にいい番組なんです。
一度見て下さい、本当に!!!!!

火野正平さんと私の出会い』

火野正平を知ったきっかけは、大昔それは昭和という時代だった頃。テレビ朝日のドラマ「土曜ワイド劇場」で放送された刑事ドラマシリーズ、混浴露天風呂連続殺人事件に出演していて、その放送で出演しているのを拝見したのが初めての出会いでした。

そのドラマはそのタイトル通り、宿泊先の旅館で連続殺人が起き、推理解決していく、というものだが、その作品で火野正平さんは脇役という立場で出演していました。
ちなみにこのシリーズの主演は古谷一行さん、木の実ナナさんというとんでもなく濃いダブル主演でした。なんかバブリーですね。

火野さんはたぶんこの主演(たぶん刑事かな)二人の上司か同僚みたいな立場だったような気がします。
というのも私はこのドラマを最後まで一度も見たことありません。自慢ではありません。
エロシーンさえ見れれば良かったんです。火野なんてこの当時は何も興味ありませんでした。
エロおやじそう思ってました。
火野さんの大きな大きな出演場面は、そのドラマタイトル「混浴露天風呂連続殺人事件」(エロ要素あり)からして露天風呂になります。
このドラマシリーズの特徴は、なぜかお色気シーンが必ずあるということです。
昭和という時代は今より規制が大変ゆるく、女性の裸など普通に映っていたものでした。今では考えられない発言や映像が日常に放送されていたものでした。
混浴露天風呂連続殺人事件では火野さんがお風呂の浸かっていると、なぜかトップレスの女性が普通に入ってきて、火野さんがニヤつきになり、私も二ヤつき、視聴者も二ヤつき、視聴率も上がり、番組制作者も二ヤつく、そんなドラマ、時代でした。
私はそのシーンを子供ながらに心待ちにしたものでした。
今みたいに見たいものを自由に見れなかったんですよ。

友達の家に泊まりに行き、エロ本の自動販売機に大雪の中歩いて向かったのはいい思い出です。
エロ本の自動販売機って回りに囲いがあって見えないように配慮がされてるんですよ。いい時代です。
今はエロ本販売機ってないですよね。

そんなシーン、そんな火野さんを見てしまったら、子供ながら、そりゃー火野さんはエロおやじと思ってしまうでしょう。
おそらくそのエロ露天風呂が火野さんとの出会いでした。

【人物像】

火野正平さんは世間一般ではエロおやじ、女たらし、稀代のプレーボーイのイメージがあります。火野正平さんは握手しただけで、妊娠させるなんて言われたりしました。
また、DA PUMPのISSAさんはそのモテぶりから、平成の火野正平と呼ばれることもあり、やはり火野正平さんは芸能界に受け継がれるモテプレーボーイだということがわかります。
が、火野正平さんはそんなハチャメチャなイメージではあるが、そのお付き合いをしていた女性から一切悪い事は言われませんでした。
むしろ、私と一緒にいてくれてありがとう、と当初付き合っていた女性からは言われていました。
なぜか?
それは火野正平さんは女たらしではなく(女たらしかもしれないけどね)
本当にスマートな人たらしだからです。
NHK「にっぽん縦断 こころ旅」を見ても、その人物像が伺え、落ち着いた渋い声、ユーモア溢れる話術、それに何といっても時より見せるお茶目さ、かわいらしさがあります。
それはモテるでしょ、というのがわかります。
好きです。
NHK「にっぽん縦断 こころ旅」のプロデューサーさんはものすごい優秀ですね、火野に代わってお礼を言っておきます。
プロデューサーさん、スタッフの皆さん火野正平を「にっぽん縦断 こころ旅」に使って頂きましてありがとうございます。

素敵なおじさま好きなわたくし、今回は稀代のエロスーパープレボーイ(肯定的)火野正平さんを紹介いたしました。

火野さん大好きです。
30代のおじさんより❤。


画像

【素敵なおじさま図鑑】大和田伸也

素敵なおじさまが好きと豪語しているわたくし。
素敵なおじさまを紹介するシリーズ。

今回紹介するのは俳優の大和田伸也さん。
正直言いますと大和田伸也さんのことをほとんど何も知らないが人間として好き、という私が大和田伸也さんの魅力を紹介していきます。

『略歴など』

色々調べながら大和田伸也さんを伝えたくて書いているのだが、私は大和田伸也さんの出演しているドラマなど見たことがないことの気がついた。
名脇役として有名な大和田伸也さん。
主な出演作はと言いますと
水戸黄門(TBS)
月曜ドラマスペシャル月曜ミステリー劇場月曜ゴールデン月曜名作劇場(TBS)
土曜ワイド劇場テレビ朝日
キッズ・ウォー
仮面ライダーゼロワンテレビ朝日) - 大和田伸也 役(本人)
 第10話「オレは俳優、大和田伸也」(2019年11月10日)
俳優としてまたタレントして数多くのドラマ、映画に出演している大和田さん。
私が見たことあるかもしれない作品はキッズウォーシリーズ。
昼ドラですね。
ここでの大和田さんの印象も覚えていなくて妻に聞きましたところ、ドラマ内ではいつも怒っていた、という印象だそうです。
昼ドラだから学生時代見れるはずがないのに見たことあるのはなぜだろうと
考えてみたら、私は友達が少なく夏休みに再放送をやっていて、その再放送を見ていたのかもしれないという結論に至りました。
今も友達はいないです。
キッズウォー自体はくだらなくて面白く、日本テレビ長瀬智也さん主演のドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」とかが好きなら好きかもしれないです。余談。

『人物像』

ここからが本番。
大和田伸也さんという魅力的な人物。
身長が175cmという意外と大きんや!!という意外性もある大和田さん。
魅力を掘り下げる!!

「オヤジ狩りを3回もされる」
正義感が強く悪いマナーなど無視できない大和田氏。
しかし、頑固オヤジという訳ではなく、インタビュー記事などを見てみると自分が我慢出来なくて注意しているという訳ではなく、皆が困っているから率先して注意しているということはわかる。
映画館で、でかい声で喋っているカップルに注意して帰りに待ち伏せさせれて殴られる時も、幼稚園児の列に自転車が突っ込んだ時に注意して殴られた時も、皆のためを思って行動したら殴られた、というエピソードばかり。
昔のオヤジ、いや、昔の正義のオヤジスーパーマンなのだ。好きです。

ガキの使い笑ってはいけないシリーズ(日本テレビ)でマナー違反をしてバスに乗っている若者を注意してオヤジ狩りに合う役を演じる」
このオファーを受ける器のデカさは計り知れないし、自ら笑われに行っている訳だからとんでもなく器はでかい。
梅宮辰夫さん並の器を感じる。
素敵です。

「ナレーターとしても活躍」
声シブです。

「親族が優秀」
弟の獏さんもそうだが親族がヴィレッジヴァンガードを創設したりなど優秀。

「ゲーム実況」
スプラトゥーンポケモンなど定期的にYou Tubeに上げている。

このように魅力がありすぎる大和田伸也さん。
頭が柔軟で変なプライドがない、正義感が強くユーモアがある、このような人はなかなかいません。
大好きでございます、大和田伸也さん!!!
筆者中年男性より。

※読みづらい見づらいかもだけど眠いから直さんぞ…今は…

画像

【素敵なおじさま図鑑】吉田類

素敵なおじさまが好きと豪語しているわたくし。
素敵なおじさまを紹介するシリーズ。

酒場会のメッシ、ジョーダン、イチロー大谷翔平スティーブ・ジョブズドストエフスキーカポーティ、アイルトンセナ、モハメド・アリ井上尚弥、こと吉田類の魅力を語る。

最初に言うと吉田類はおばさんである。
いや、おじさんだろうが、
おばさんであろうが関係ない。
ヨシダ類なのである。
ここでは意味わからないだろうが最初に言っておく。

吉田類さんは酒場詩人、イラストレーター、俳人の肩書きを持ち、主にBS-TBSの酒場放浪記に出演している。
酒場放浪記は全国、主に関東近郊の酒場を紹介し、吉田類が訪れ酒を飲み、あてをつまみ、酔っぱらうという番組だ。

僕の吉田類さんをどこで知ったか、また、ファーストインプレッションと言いますと、妻が酒飲みでして昔から酒場放浪記を見ていたらしく、妻に教えて貰い吉田類さんを知りました。
なんせ僕はお酒を飲まないので、知るきっかけがありませんでした。
そして第一印象はというと、正直あまり覚えていないが、グッと来るものはなく、スルメ式で好きになっていったという感じ。

吉田類さんの魅力というと、酒場放浪記内になってしまうのだが、その巧みな話術と、端正なルックス‥とかではなく、失礼になるが、愛らしいしぐさと髪質と優しさ溢れる語り口が魅力的なおばさんである。

酒場放浪記で皆が吉田類さんに期待していることは、吉田類さんはカラシやワサビの量をなぜか毎回間違えるのだが(はたから見ても量がみても多すぎる)その度むせ、時には咳き込み、悶絶し、一時時が止まる。その時僕ら夫婦は笑顔になり、酒が進むのだ(飲まないけど)。
この事は正直私たち夫婦だけが期待していると思っていたのだが、ナレーターの河本さんがそのむせるのを待っていたかのようなナレーションをしていたので、ああ自分等だけむせるのを期待してる訳ではないことがわかった。
可愛いですよー。

一筆書エッセイでした。

画像